加古川での新しい住宅選び

subpage01

播州地方の中核都市である加古川は、平坦な地形と温暖な気候、交通の便の良さから、京阪地域の有力な住宅地として位置づけられています。

加古川での住宅選びは、多くの選択肢があります。
新たに開発された新興住宅地の建売物件を狙う方法、土地を求めて、注文住宅を建てる方法、地元工務店に依頼する方法など、いずれを選んでも、質の高い住居を手に入れることができます。

加古川でハウスメーカーの物件を選ぶ場合は、展示場に足を運ぶのが早道です。



加古川には展示場が多く、複数を掛け持ちで見て廻ることができます。

日本経済新聞の情報を利用しない手はないです。

出展は大手ハウスメーカーや地元の住宅会社、工務店もあり、より取り見取りです。ハウスメーカーの建てる家は同じように見えても特色があります。
始めに、在来工法・2×4工法・軽量鉄骨造・コンクリートパネル工法などの構造に分類し、それぞれの特色を見て廻ると、特徴が良くわかります。

土地を始めに求める場合は、建物は工務店に依頼する選択肢もあります。



設計は必ずしも、その工務店に依頼する必要は無く、市内或は大阪方面の設計事務所に依頼する方法もあります。
地元工務店の施工技術のレベルは高く、標準的なハウスメーカーを上回ります。

特に木造の伝統技法が引き継がれている点は、特筆すべきものです。
瀬戸内地方独特の温暖な気候は、家のつくり方にも影響します。

この地に家を持つことができる幸せを存分に享受するためには、開放的な建築が必要です。

他の地域とは違う、明るい住まいを造ることができるのが、この地域での家づくりの特徴です。